イベント

『たてよこWebアワード2017』受賞作品決定!

ソフトバンク・テクノロジー株式会社が協賛する『たてよこWebアワード2017』の受賞作品が決定しました。

受賞作品は、CSS Writing Modesを使って縦書きを巧みに取り入れたサイトばかり。以前は難しかった和風コンテンツに縦書きや明朝体を用いるデザインが、定番となりつつある現在において、良いお手本となる作品が揃いました。
その中でも、FONTPLUSを使用いただいたサイトが2作品あります。 Webフォントの使い方にもぜひご注目ください。

賞名 作品タイトル 制作者 作品URL
最優秀賞 まるまるまるもりプロジェクト  RaNa extractive, inc. https://marumarumarumori.jp/
優秀賞 寒川神社 株式会社 アクアリング http://samukawajinjya.jp/
優秀賞 岸本浩加 | 着付け師・小笠原流礼法講師 トライマン デザイン https://hirokakishimoto.jp
優秀賞 おびむらさき-九州の小京都、飫肥。
お城のふもとで武士の生活を体験するように泊まる宿
株式会社 プラスディー http://obimurasaki.jp/
優秀賞 50周年プロジェクト|亀田産業株式会社 RaNa extractive, inc. https://kamedasangyo.co.jp/special/
インターネット・アカデミー賞 寒川神社 株式会社 アクアリング http://samukawajinjya.jp/
FONTPLUS賞 茶ッカソン  株式会社 シフトブレイン https://chackathon.com/

★・・・FONTPLUS使用

▼受賞結果の詳細は『たてよこWebアワード2017』公式サイトをご覧ください。
http://tategaki.github.io/awards/

たてよこWebアワードとは

『たてよこWebアワード』は、Webにおける縦書きの利用を普及促進させ、インターネット上のデザインや表現を多彩にするために、CSS Writing Modes Level 3(文字の方向(縦横)を指定するCSSモジュール)を利用したWebサイトを募集・表彰するアワードです。『縦書きWeb普及委員会(正式名称:次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会)』が主催、総務省およびW3C(World Wide Web Consortium)が後援する本アワードは、今回で3回目の開催となります。

審査・賞について

CSS Writing Modes を使用した縦書きと、クロスブラウザ環境で一定の完成度を実現していることを前提に、「有用性」「新規性」「デザイン性」「技術力」の観点から採点。また、特にエッジの効いた作品については、採点結果に加えてその点を評価し、優秀作品を審査会にて選考、賞および受賞作品を決定しました。

情報公開日: