選ばれる理由

     

Webフォントサービス 「FONTPLUS」 が選ばれ続けている4つの理由をご紹介いたします。

独自のサブセット技術で軽量化、表示スピード大幅UP。

10秒で説明すると…

「日本語フォントは重い。」
→ コンテンツに必要な文字だけ読み込めば軽くなる = 「サブセット化
FONTPLUSは、この独自技術を開発して日本語フォントのWeb表示を高速化。

Webフォントの導入を考える上で、大きな課題となるのが「表示速度」です。
仮名文字から漢字までを収録している日本語フォントはとりわけデータサイズが大きく、そのままの状態でWeb表示するには遅延しがちです。

そこでFONTPLUSでは、フォントデータの中からコンテンツに必要な文字だけを取り出す「サブセット機能」を開発・導入することで、読み込むデータ量を最小限に抑えることに成功しました。

これにより、書体の美しさはそのまま、サクサクと軽快・高速にコンテンツを表示します。

画期的な2種類の文字詰め(カーニング)機能。

10秒で説明すると…

「いくら書体が美しくても、字間が…」
→ 「プロポーショナルメトリクス調整」と「字間余白の一括削除」の機能が使えるFONTPLUSなら、「テキストと画像の壁」を越えられるかも。

「文字は画像にせずテキストにすべき」というのは、Webの仕事に携わる誰もが知っているSEOの基本です。
しかし、いくら美しいWebフォントを導入しても、画像という選択肢を完全に捨てるまでにはいくつかの課題があるのが現実です。

例えば、促音・拗音(「っ」「ゃ」「ォ」など)やカタカナの「ト」など幅の小さな文字は左右の間隔がバラつきがちですが、これをCSSだけで調整するのは非常に困難です。

そこで、FONTPLUSではこの課題を解決するために「プロポーショナルメトリクス自動調整」と「字間余白の一括削除」という2種類の文字詰め(カーニング)機能を用意しています。

カーニングなし

美しい日本語を、ウェブフォントで。

プロポーショナルメトリクス

美しい日本語を、ウェブフォントで。

字間余白の一括削除 + letter-spacing

美しい日本語を、ウェブフォントで。

※「ニューセザンヌ ProN B」でのカーニング例

これらの機能を利用することでそれぞれの書体に適した文字間隔を簡単に設定でき、Webテキストの域を越えた柔軟なタイポグラフィデザインを可能にします。

機能詳細・ご利用方法: pr.fontplus.jp/kerning/

充実の944書体、すべてを1ライセンスで。

10秒で説明すると…

とにかく豊富な書体数。
数だけではなく、いろいろなジャンルの人気フォントをちゃんと押さえている。
しかも、1ライセンスでどれでも、いくつでも利用が可能。

コンテンツやデザインのテイストにマッチしたWebフォントを選ぶには、十分な選択肢が必要です。

国内外メーカーの人気フォントも網羅した、FONTPLUSの944書体という選択肢があれば、きっと妥協のないフォント選びが可能になります。

しかも、1ライセンスで何書体でもご利用できるので、もう書体ごとに複数のサービスと契約するような必要はありません。

ご利用可能な書体: フォント一覧

サイトのタイプや使い方に合わせて選べる料金プラン。

10秒で説明すると…

導入が簡単で、CMSや動的なサイトにも最適な「スマートライセンス」はPV数ごとの課金方式。 → 一番人気
外部ファイルの読み込み制限があるサイトなら、サーバ設置型の「バリューライセンス」。

Webフォントを導入するにも、サイトの仕様や目的、そして誰が運用するかなど考慮すべきポイントはたくさんあります。
そこで、FONTPLUSでは、そういった様々な条件に対応できる料金プランをご用意しています。

一番人気の「スマートライセンス」は、PV数に応じた課金プラン。サイト数の制限はないので、動的・静的にかかわらず、複数のサイトで同時にご利用いただけます。
しかも、「専用タグ発行 → HTMLに貼る → CSSでfont-family指定」というたった3ステップで導入でき、メンテナンス性も抜群です。

詳しい導入方法: 「はじめかた」ページ

また、外部ファイルの読み込み制限があるなど、スマートライセンスが使用できないサイトには、サーバ設置型の「バリューライセンス」がご利用いただけます。

各プランの詳細: 「プランと料金」ページ