スクリプト発行詳細設定について

スマートライセンスでは、会員マイページの「スクリプト発行」ページよりWebフォントの表示スタイル、タイムアウト時間、文字間の余白削除や表示位置調整機能の設定が簡単にできます。
ⓑ〜ⓕのお好みの機能をご設定ください。

スマートライセンスのスクリプト発行詳細設定画面

表示スタイル

3つの表示スタイルから選択してください。チェックボタンを押すと各スタイルがアニメーションで確認できます。

システム既定フォントにて表示(標準設定)
通常の表示スタイルです。テキスト上のすべての文字が一旦システムフォントで表示された後、Webフォント適用文字が、Webフォントに切り替わります。

Webフォント適用箇所のみ非表示にする
Webフォント適用箇所の文字はWebフォントが生成されるまで非表示となります。
Webフォント適用箇所に最初からWebフォントが表示される為、システムフォントからWebフォントに切り替わる際の表示を抑えることができます。

Webサイト全体を非表示
Webフォントが生成されるまでの間、Webサイト全体を非表示にします。
ただし、HTML文書であることを宣言する”HTMLタグ”に設定されたstyle属性等は表示します。
Webフォント適用箇所に最初からWebフォントが表示される為、システムフォントからWebフォントに切り替わる際の表示を抑えることができます。

 

タイムアウト時間

Webフォント適用のタイムアウト時間
通信環境やブラウザ、OS等のバージョンによってはWebフォントの解析等に時間かかり、Webページが長い間表示されないことがあります。そのような場合に備え、タイムアウトする時間をあらかじめ設定することができます。
タイムアウト後は既定のシステムフォントにて表示されます。

 

文字詰め機能

文字詰め機能 詳細はこちらをご覧ください。
「自動設定」:
フォントに含まれるプロポーショナルメトリクスの情報に従って、文字幅を調整します。プロポーショナルメトリクスの情報が含まれていないフォントや、IE8以下等の古いブラウザで対応できない場合があります。

「文字間の余白削除」:>
Webフォントの文字と文字の間の余白を削除します。文字と文字の間隔を広げたい場合は、CSSの ”letter-spacing” を使って調整してください。

「しない」(標準設定):
文字間は調整されず、通常の間隔で表示されます。

 

表示位置調整機能

表示位置ズレの自動調整
「する」(標準設定):
フォント、ブラウザ、OSによってWebフォントの表示位置が変わる現象を軽減します。

「Windows仕様に合わせる」/「Max OS X仕様に合わせる」:
OSの違いにより表示位置が変わる現象を軽減します。

「しない」:
既に、cssのline-height等を利用して表示位置を調整している場合は「しない」をご選択ください。

 

以上の設定はこれから発行するScriptタグに反映されます。
詳細設定を行った場合は、必ず設定後にScriptタグのコピーを行ってください。

スマートライセンスご利用ガイドへ戻る